ロゴ

入試ナビ

入試日程のスケジュールを立てることには大きな意味があります

入試日程から計画を立てる

女性

入試当日までのスケジュールを決める

私立大学の入試日がある程度決まったら、入試日までのスケジュールを計画しましょう。計画を立てることによって、「入試が迫ってきているけど何をすればいいか分からない」といったような不安や焦りを軽減することができます。

できることからこなすようにする

最初に集中して苦手科目を持ってきてしまうと、後々のモチベーションを保つことが難しくなりがちです。まずはできるものから達成していくようにすれば、モチベーションを徐々に上げながら苦手科目に挑むことができます。

余裕を持ってスケジューリングをする

入試準備や願書の提出などは、あらかじめ時間に余裕を持って行うようにしましょう。後々の不安も和らぐため、より勉強に集中しやすくなります。また、目標に対しての準備を着実に行っているという実感にも繋がります。

スケジュールは微調整も必要

スケジュール通りにこなしていくのももちろん重要ですが、達成できない事が続いている場合は躍起にならず、スケジュールを見直すことも視野に入れましょう。目標までの到達ラインを調整しなおして設定しましょう。

スケジュールの見直しは定期的に

スケジュールを見直す際には、月毎に見直していくのが最適です。間隔が短すぎてもスケジュールの調整に取られる時間が多くなってしまいますし、長すぎても調整が難しくなってしまいます。

難しい場合はアドバイスを仰ぐ

スケジューリングがなかなか決められない場合は、学校の教師や塾の先生、家庭教師といった指導者にアドバイスを仰ぎましょう。特に自分をよく知っている指導者であれば、あわせたスケジュールを一緒に考えてくれることでしょう。

入試日程決めで苦労した事の口コミ

試験を詰め込みすぎた

入試の日が連続になってしまって、最初はいいけど次に受けたところが酷い結果になってしまった。受験日はある程度離してスケジューリングしたほうがいい。

試験準備の時間をちゃんと取ればよかった

間に合うだろうと思って入試前日から準備を始めて大慌てになってしまった。せめて3日前くらいから準備を始めればよかったと後悔したので、第二志望の入試はきっちりと準備して余裕を持って行った。

苦手科目にかける時間が多すぎた

苦手科目に時間をしっかりかけようと思ってスケジューリングしていたが、苦手科目の克服に予想以上に時間がかかって他の項目がおざなりになってしまった。モチベーションのためにも、間に他の勉強を挟みながらやればよかった。

勉強を詰め込みすぎた

しっかり勉強しなきゃと詰め込みすぎて、モチベーションが保てなくなってスケジュールが早々に破綻してしまった。やっぱ気分転換は必要。

スケジュールを立てても変更が多かった

元々気まぐれな性格もあいまって、スケジュールを入れ替えることが多かった。結果としてうまくいったからいいが、変更した際の帳尻あわせに余計な時間を割いてしまった。